伝統を引き継ぐ左官職人集団

蒼築舎

左官職人集団「蒼築舎」は日本古来より伝わる
土壁の家の左官仕上げ(塗り壁・漆喰・竃)の
伝統技術を守り継承していきます。
これからの左官の世界へとより深く、より蒼く

plasterer

左官という「仕事」
日本人が暮らす住まいは、古くからその地域にある素材から造られていました。
自然から採れる素材の組み合わせで、様々なものを作り上げてきたのです。
左官が扱う土と藁すさは大地へ戻り、そしてまた大地から植物が育ち循環させる…
左官は自然素材を上手く循環させる技術を持ち合わせ、
最もサスティナブルな社会に対応力を持つ仕事であると思います。
さらに土壁の力は現代社会に新たに求められるものへと変化することでしょう。

earth

「土のちから」
日本の気候に適した素材として使われてきた「土」
その土本来が持っている「ちから」をご紹介します。

case

「土のちから」
土の暖かみのある色や質感が私たちの肌に
自然と馴染み居心地のいい空間をつくりだします。
蒼築舎の左官施工実績をご紹介します。