火と土のブログ

BLOG

2016年11月18日

職人がいる町、塗り壁のある暮らし@名古屋工業大学

2016年12月10日(土)名古屋工業大学にて

講演会【職人がいる町、塗り壁のある暮らし — その終焉がもたらすもの】が

開催されます!

 

%e6%97%a5%e6%9c%ac%e5%b7%a6%e5%ae%98%e4%bc%9a%e8%ad%b01

 

%e6%97%a5%e6%9c%ac%e5%b7%a6%e5%ae%98%e4%bc%9a%e8%ad%b02

 

左官文化、職人文化を後世に残し、豊かな住まいづくりを守るため、

日本の左官文化の魅力、「普通の壁」の優しさを見つめなおし、

その豊かさを失いつつある現状と私たちの住まい、暮らしについて考えます。

ぜひこの機会に左官の世界を知っていただければと思います。

 

【開催日時等】

日時:2016年12月10日(土) 14:00〜16:30 (開場 13:00)

登壇:挾土秀平/小林隆男/川口正樹/松木憲司/西川和也/増田允、

本多俊祐(以上、左官)/宇野勇治(建築家、愛知産業大学准教授)/柳沢究(建築家・名城大学准教授)

会場:名古屋工業大学4号館1階ホール(愛知県名古屋市昭和区御器所町)

定員:200名

主催:公益社団法人日本左官会議

共催:一般社団法人日本建築協会東海支部(日本建築協会創立100周年記念事業)

 

【入場料・お申し込み】
一般 1,500円/日本左官会議 会員 1,000円/日本建築協会 会員 1,000円

17:00〜18:30、同学生協カフェテリアで懇親会を行います。

参加を希望の方は同時にお申込みください。

参加費2,000円。事前申込み制です。

お申し込みフォームから事前予約の上、入場料は当日お支払いください。
※日本左官会議に当日ご入会の方も、会員料金でご参加いただけます。会費5,000円/年(支援会員・準会員)
※定員200人。満席になり次第、締め切ります