伝統を引き継ぐ左官職人集団

左官職人が考えた小さな野菜蔵

Small Vegetable Warehouse左官職人が考えた小さな野菜蔵

ワインの空き箱に竹を編み、ねり土をつけた、
自分で作り上げる組み立てキットです。
お好みでワインを貯蔵するなど、多様な用途でお使い頂けます。
お忙しい方には、左官職人が作った完成品も
ご用意しております。

日本の伝統的な建築様式のひとつに、「土蔵」というものがあります。
この様式で作られた建物は土蔵造り・蔵造りなどと言われています。
蔵は米殻、酒、繭などの倉庫や保存庫や、保管庫、店舗などに利用されていました。
土壁は空気中の水分が多いと吸収し、不足すると放出します。
土壁に囲まれた空間は湿度が安定し、高温多湿の生活に快適な空間をもたらしてくれます。
これは人だけでなく、土蔵に収納された調度品や紙類、衣類が傷まないのも調湿作用によるものです。
その経験を活かし、土蔵を野菜庫に変身させたのが『小さな野菜蔵』です。

常温保存できる野菜

常温とは20℃くらいまでの温度です。また、常温でも湿度が高い場所は良くありません。
野菜蔵をお使いの際は風通しの良い冷暗所で保存するのがお勧めです。土の中で育つ野菜は常温保存に向いています。
たまねぎ、ジャガイモ、にんじん、ごぼう、さつまいも、大根、長ネギ、里芋、にんにく、かぼちゃ(カットせず丸ごと保存してください)などが常温保存可能です。

キット内容

  • A

    ワイン箱…1(蓋付)

  • B

    ロープ(約40cm)…2

  • C-1

    竹 大(約44cm)…6

  • C-2

    竹 小(約27cm)…6

  • C-3

    木ねじ(20mm)…36(予備1)

  • E-1

    わら縄 大(約145cm)…6

  • E-2

    わら縄 小(約85cm)…6

  • F

    土…約5.3kg

  • G

    わらスサ…約240g

  • H

    敷きわら(約42cm)…1

〔DIYキット・完成品 サイズ〕
高さ:約18cm 幅:約50cm 奥行:約33cm 重さ:約9kg
●DIYキット:野菜蔵の説明書、美味しい野菜の保存方法が同梱されております。
●完成品:美味しい野菜の保存方法が同梱されています。
●ワイン箱の蓋も同梱されております。

ご用意いただくもの

  • ●バケツ(14ℓ相当)
  • ●シャベル
  • ●養生テープ
  • ●ドライバー 2B
  • ●計量カップ
  • ●水(2.5~2.7ℓ)
  • ●軍手(薄手のものが作業しやすくオススメです)

「小さな野菜蔵」に関する注意事項

  • 野菜蔵に使用するワイン箱の、銘柄の焼印は写真とは異なります。ワイン箱のデザインのご指定はできません。
  • ワイン箱は種類により、サイズが異なる場合がございます。
  • 釘の突出や箱の割れなどで、手を怪我する場合がございますのでご注意下さい。
  • 土を塗りつけることで木箱に水分が含み、四隅が開く恐れがある為、ワイン箱の四隅にビニールテープが貼り付けてあります。塗り終えた土が乾燥し完全に固まった後、ビニールテープを外しご使用ください。
  • 野菜蔵は荒壁仕上げの為、ヒビ・割れ等生じます。
  • ふた板につきまして、日本に輸入されるほとんどの木箱のふたは1枚板となっておらず、2枚(木の板を半々つなぎ目でくっつけてる)をくっつけた一枚板となっております。輸送中に外れてしまうものが大半ですので、ガムテープで貼っているものもございます。ご了承ください。
  • 敷きわらは、バラバラになる恐れがありますのでご注意下さい。

contact

お問い合わせ

recruit

お問い合わせ